メニュー

上限金利は低くなった

カードローンというと高い利息を払わされたり、返済の負担が大きかったり、厳しい取り立てがあったりと、とかく暗いイメージが強かったですが、現在は変わってきています。何故利息が高いのか、返済の負担が大きいのか、その理由が金利です。消費者金融では29.0%に近い金利で貸し付けを行っていました。

 

しかし、現在は法律の改正により上限金利の引き下げが行われました。結論から言えば、上限29.2%という金利が20.0%まで引き下げられました。金利の引き下げによって、高い利息や返済の負担については大幅に軽減されました。返済の負担が減れば、それだけ余裕を持って返済できる人も増えるようになります。

 

10万円超なら18.0%、100万円超なら15.0%を超える金利での貸付けは禁止されています。借入金額が大きくなれば、金利もより低くなっていきます。数十万円程度の限度額であれば、消費者金融のほとんどの所では金利を18.0%に設定しています。

 

金利が低い方が払う利息も少なく、元金も早く減ります。ただし、メリットばかりではなく、デメリットもあります。金利が低くなると貸金業者の利益が減ります。その分貸付けに対して回収不能のリスクも高くなります。そのため金利が低い程審査も慎重になり、借りられなくなる可能性も高くなってしまいます。

 

今では消費者金融の多くが来店不要で即日借りられるようになっていますが、審査に通ればの話となるのです。