メニュー

金利差を見て選ぶ

カードローンは消費者金融に申込みができますが、銀行でも取り扱いをしています。基本的な利用方法は同じで、申込み後に発行されたカードをATMに入れて、暗証番号と借入れ希望額を入力すれば、その場で借入れができます。

 

限度額の範囲内であれば繰返し利用ができる点も、その度の使い道は基本的に自由な点も、両社共通しています。

 

カードローンは申込み後の利用時の自由度が高い分、金利も高めに設定されています。銀行と消費者金融のカードローンでの大きな違いの1つに金利があります。例えば銀行によって、カードローンの金利は変わりますが、消費者金融と銀行で金利を比べた場合、銀行の方が低めに設定されています。両者共通点の方が多いカードローンですが、金利の面で消費者金融の方が高めなのには理由があります。

 

銀行は個人への貸付け以外にも様々な業務を取り扱っています。しかし、消費者金融はカードローン専門の貸金業として経営を行っています。消費者金融が個人に貸し出すお金は外資系企業や銀行などから融資を受けています。

 

つまり、銀行などへ支払う利息分も含めて貸付金を回収しなければ儲けが出ません。その分、銀行と比べて金利がどうしても高めになってしまうのです。

 

低金利で借りるなら銀行と言われる理由は上記の通りとなり、やはり低負担で借りられるようになっているのが分かります。最近では銀行も手続きが手軽に進められるようになってきているので、ネット申し込みに対応をするオリックス銀行の審査を受け、低金利で借りることを考えてください。