メニュー

借りる際に適用される金利

カードローンの情報を除いてみると、貸付け条件や限度額、金利などがすぐにわかります。しかし、金利の部分を見てみると幅があり、例えば金利4.5%~18.0%となっている場合、自分が実際に適用される金利がどれ位なのかがわかりません。金利が4.5%と18.0%では4倍もの差があるので、申込んでからわかればいいかというわけにもいきません。

 

カードローン選びで金利を見比べる時には、上限の方の金利に着目するのが正解です。金利については審査の結果によって決定しますが、借入額が大きい程金利が低くなる傾向にあります。

 

例えば金利4.5%~18.0%で限度額が500万円の場合、最低金利の4.5%が適用されるのは借入額500万円のケースである可能性が高いです。100万円にも満たない場合には18.0%の金利が適用される可能性が高いです。カードローンでは申込み時には数十万円の限度額からの契約になるケースが多いので、最高金利の18.0%が適用される可能性が高いです。

 

2つのカードローンがあって、1つは限度額800万円で金利4.5%~18.0%、もう1つが限度額200万円で金利8.7%~14.6%だったとします。この場合、後者の方が金利面で優遇されている可能性が高いです。最高金利が低い点もそうですが、金利4.5%でも限度額が高い分、同じ金額なら後者の方が金利が低い可能性があります。

 

大きな限度額で低金利で借りたい方は、消費者金融ではなく銀行を考えてみると良いです。上限金利も下限金利も低く、メガバンクの信頼性で安心して利用ができる三井住友銀行カードローンの金利帯であれば問題なく借りられます。